| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

シャンプーの仕方。

人毛・ミックス毛の場合・・・必ず水に近いぬるま湯をお使いください! 
(温度が高いと髪が絡みやすくなってしまいますのでご注意ください。)
また、ウィッグを長くキレイにお使いいただく為にも、
シャンプー&トリートメント剤は良質なものをお選びください。


①シャンプー前に軽くブラシをかけ、毛のもつれやホコリを落とします。
その際、静電気が起きにくいように金ブラシがオススメです。
シャンプー0

②シャンプーを適量入れ(水2㍑に対して15mlくらい)
シャンプー1  

③よ~~く泡立てます。 
シャンプー2

ウィッグを裏返します 
皮脂や汗などを落としやすくするためと、毛を絡みにくくするため
これは裏返さずにそのままの状態で洗ってください。
※ネットをゴシゴシしてしまうと毛がネットの中に入ってきてしまうので
訂正させていただきました。
シャンプー3  

⑤毛流れに沿って手で梳くような感じで洗います。 
汚れ(皮脂や汗・ホコリなど)がひどい場合やスタイリング剤を使った時などは
2度洗いしましょう。

目安としては、シャンプー剤を泡立てたぬるま湯にウィッグを浸けた時
すぐに泡が消えてしまうようなら結構汚れがついている証拠。
一度洗った後に軽くすすいでお湯を変え、もう一度丁寧に洗います。
シャンプー4

⑥ネットの部分を持ち、軽く絞ります。 
サイドの針金を折らない為にも、人工頭皮とネット部分は絞らないで下さい。
シャンプー5

⑦水を溜めながら2回くらいすすぎます。  
毛は泳がすような感じで。
ロングウィッグの場合は、特に絡まないよう中間部を持ちながらすすぐなど
工夫しながらやってみて下さいね。
シャンプー6

⑧軽く絞ります。 
シャンプー7

⑨トリートメントを適量入れ(1㍑の水に15mlくらい)
シャンプー8

⑩よく溶かします。 
ウィッグ専用でない場合は、なかなか溶けにくいので
直接手に取り中間部・毛先を中心によく馴染ませてください。
シャンプー9

⑪2~3分浸け置きします。 
全体によく馴染んだら、根元(特に人工頭皮部分)にトリートメントが残らないよう
ぬるま湯で流しながらすすぎます。
シャンプー10

⑫軽く絞ります。 
  シャンプー11

⑬人工頭皮部分は特に丁寧に水気を取ってください。 
シャンプー12

⑭サイドの針金が上にくるようにして 
ポイント

⑮タオルで包み 
シャンプー13

⑯軽く押さえながら水気を取ります。 
シャンプー14

⑰絡んでいない事を確認しながら 
シャンプー15

⑱丁寧に梳かします。  
シャンプー16


 シャンプー終了です! 


ウィッグはお手入れの仕方で随分持ちが変わりますから
なるべく丁寧に扱ってくださいね

☆シャンプーの頻度は
ウィッグを毎日お使いになる場合は 週に1度くらい が目安となりますが
匂いが気になったり、手触りが悪くなってきたなと感じたら洗いどきです。 

| ウィッグのシャンプーの仕方 | 16:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |