2009年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ウィッグライフ。

大田区のO様が、ウィッグのメンテナンスにいらしてくれました
・・・ と思いきや
ヘアカタログを見て、急きょスタイルチェンジのカットに変更です

ロングスタイルがお気に入りだったのですが
さすがに冬の乾燥で毛先がパサついてきてしまい、前回5センチ程カットしました。
そして今回は ふんわりボブスタイルに!
なかなかキュートな感じに仕上がりましたよぉ


O様は かなりウィッグライフを楽しんでくれているのです
アイロンも2台買っちゃったらしいです
お仕事に行かれる前にウィッグを着けると、気分が変わるのだそうです

「精神的につらい時期だからこそきれいにしていたいんです」
そんな風にもおしゃっていました。

確かにそうですよね。
普段の状態の時だって
髪型が決まらないと、それだけで外に出るの嫌になっちゃいますもん。
こんな時はなおさらですね


抗がん剤治療をされていたのですが、今では少しづつ自毛も伸びてきています
・・・ なんだか私まで嬉しいです

年内の自毛デビューを目指して、年間スタイル計画を立てていくのもいいですね
どんどん可愛くしちゃいますからねぇ イメージ膨らませておいて下さい



追記
以前の記事を見て、O様から貴重なアドバイスをいただきました。
GMの車はガソリンメーターの線を越える前にガス欠になる!
えぇーーー ヤバイ ヤバイ
あと5キロは平気だろぉ と いつもギリギリで走ってました
気をつけます 

| お客様 | 21:52 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

悩みましたぁ!

今日は青葉区からT様がいらしてくださいました

早速ヘアエピテーゼの新色(ナチュラルブラウン)を試着して頂き、フィット感を確認。
「風の強い日にはウィッグを押さえてないと不安なんです」 
この言葉はT様だけではなく、ウィッグをお使いになってる方はみなさんおっしゃいます。

今日も風が結構強かったので
試しにヘアエピテーゼを着けたまま外に出ていただきました。

フィット感だけは、私たちが触っただけではなかなか判断がつかないので
耳にあたらないか? きつくないか? ゆるくないか? 違和感のあるところがないか? 
などなど・・・。
毎日使うものですから、チョットしつこいくらいご本人にお聞きしてしまいます

幸い 風も大丈夫でした


フィット感もOK!ということだったのでスタイルを作っていきます


んーーーーーーーーーー 今日はすごぉーーーく悩みました
今までのT様は肩くらいのボブスタイル。
ヘアエピテーゼのベースウィッグはロングです。

着けていただくと、イメージがガラッと変わるんですねぇ
椅子から立って頂いて全体のバランスを見てみると非常にいい
ロングがとってもお似合いになってるんです

T様 個性的なスタイルがお好き なんていうことを聞いちゃったりすると
確かに 肩につかないくらいのボブスタイル 絶対似合うんですよ

悩んじゃいました
一緒にいらしてくださったご主人と・・・3人して
また もったいない も出ちゃいました

しかし、決断せねばいけません

結果 切るのはいつでもできます!
冬場の静電気が起きやすい季節には、襟元がスッキリしていたほうがいいでしょうし
ボブスタイルはその時に


ということで
今回はロングスタイルに決定です
お顔回りをアレンジしていくと
微妙な長さの違いでどんどんイメージが変わっていきます
こうなると楽しいですよね
仕上がりは とってもエレガント グーです いい感じ
切るのはいつでもできます・・・・・・・2回言っちゃいました
しばしロングスタイルを楽しんでくださいね



T様 今日は遠いところを有難うございました
また いつでもお気軽にいらしてくださいね
お待ちしています
 

| お客様 | 20:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「かつら」の似合わせ方。

かつら」というと、ある程度スタイルが決まってしまっているものがほとんどなので
その中から自分に似合うものを探すのは至難の技ですね
集中力  時間  体力 が必要です


そして 「かつら選び」 には、スタイルの他に
サイズ・髪質・通気性・重さ などチェックする点はいくつかあるのですが
今日はその中のひとつ 髪の毛の量 について検証していきたいと思います
・・・ちょっと大げさです



用意したのは うちの専属モデルとヘアエピテーゼ春の新色「ナチュラルブラウン」。
それではカットしていきたいと思います

※画像はクリックすると拡大します


①ベースウィッグです↓
カットの工程1-1
コメント: はぁーーーーーーこのロングウィッグにハサミ入れる瞬間
      未だ ちょっとドキドキします  もったいなくて。
    
      一般のお客様の場合
      ロングからのスタイルチェンジはワクワクするのです
      美容師はみんな カットするの好きですからね
      しかし ウィッグは切っちゃうと伸びませんから
      ・・・・・・・・あぁ もったいない
      と言いながらも 一気にいってみたいと思います 


      
      
      


      はいっ! カット終了です 

      今日のテーマは髪の毛の量です!

② A.長さをカット           B.毛量調整            C.スタイル調整
カットの工程2-2

③ A.長さをカット          B.毛量調整            C.スタイル調整
カットの工程3-3
コメント: この②と③を拡大して見て頂くと
      A から Cに行くにしたがって、随分と自然になってくるのが分かると思います。
       のところで髪の量を根元から減らしているのです
      この工程が「かつら」をカットする際 最も重要なポイントかもしれません
       のように髪の量が多いと、それだけで不自然に見えてしまいます

       
ウィッグ選びのポイントとして
もともとのご自分の髪の量に近いものを選ぶ、もしくは調整してもらう。
こうすることで見え方が随分変わってくると思います。

※ここでの注意点ですが、「医療用」としてお使いになる場合
根元からの毛量調整が可能なのは、人工頭皮が付いているウィッグです。
ネットだけのウィッグでこれをやってしまうと
付けた時にチクチクしてしまいますから くれぐれもご注意下さいね




④そして 仕上がりは こんな感じです。 
カットの工程4-4

カットの工程5-5
コメント: なかなかいい感じになりました
      右側くらいの毛先のカールでしたらストレートアイロンで十分できちゃいます!
      色々なスタイルにチャレンジして 楽しんで下さいね

| かつらの似合わせ方 | 18:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

かつら探訪 ・・・(1)

休みの日は、こんなことしています

4月11日

今日は相方と
東京の上野にある 某かつらメーカーのショールームに行って来ました
1937年創業 かつらメーカーとしては老舗です。

あまり知られてはいませんが
「宝塚」のショーなどで使うかつらは、すべてここが製作しているのです
美容室専売なのでデパートなどでは扱っていません。

この仕事を始めてから随分色々なメーカーの商品を見て回っていますが
「かつら」と言ってもほんとーーーにピンキリで
値段も1万円代からフルオーダーで100万円以上するものまであり
材質もさまざまです。

・・・ なんでこんなに値段の差があるのぉ???
   宣伝広告費の掛け方の違いかぁ??? と

ちょっと納得いかないところもあります。
もちろんそれなりに作りの違いは多々ありますが・・・


抗がん剤治療などで初めてかつらを購入される方などは
何を基準に選んだら良いのか 
なかなか判断がつかないんじゃないかと思います。
私たちでさえ カタログ見ただけではわかりません


「かつら」もお洋服と同じだと思っていただくと
少し選びやすくなってくると思います。

とかくスタイルに目が行きがちですが、まずはフィット感を試してから
素材(髪質)や裏側のネット素材(肌に刺激がないか)など
細かなところをチェックしていくと良いと思います。
後は値段とのバランス(どこまでのクウォリティを求めるか)ですね。

なるべく客観的なアドバイスができるようになる為に
これからも我々二人 あっちこっち見て回ってきますよぉ



でもねぇ ショールームの方にしてみれば
かなりめんどくさい二人かもしれませんねぇ


接客してくださった営業の方(とってもいい感じのメンズ)に
いちいち商品を持ってきてもらうのも悪くなり
「ちょっと見させてもらっていいですか?」と了解をもらって・・・・
始まりました 


ガサガサッ ガサガサッ 在庫してある引き出しを開け
相方 なにやら探しています
ショールーム訪問1


お目当ての商品をやっと発見 カラー見本で色をチェック
多分1時間は経過しています
ショールーム訪問2

その後 いろいろ質問をし・・・かれこれ2時間半はいました
ほんとーーーに 申し訳ございません 我々 かなり 散らかしました
お片づけを少し手伝い お礼を言って おいとましました。
とても良い勉強になりました


この頭部マネキン可愛いでしょぉ 欲しいんですよぉ
でも 非売品なんです
ショールーム訪問3
ショールーム訪問4

ウィッグでここまで遊べたら楽しいですよねぇ
ショールーム訪問5

集中力が切れるギリギリ さぁ 横浜まで帰りましょ!
混んでないといいんだけどね



ああっ ヤバイ!
ガソリンが あと1㎜しかないよぉーーー




えぇーーー またですかぁーーー 




・・・・・つづく。



| かつら探訪 | 21:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

試行錯誤な日々。 

3日前 只今看板製作中 のタイトルで記事を書いたのですが・・・。
さっき 追記しました


ずーーーと 悩んでた事なんですが
看板に医療用かつら という文字を入れたほうが良いのか悪いのか???
判断がイマイチつかなかったんですねぇ
実は 今も しつこいくらい悩んでいるのです


お店は完全予約制で、ほぼ専門店化しています。
お客様の立場になって考えると、やはり ないほうが良いだろうと思い
看板は出していなかったのです。


うちのお店に足を運んでくださる方たちは
みなさんネットで検索して、わざわざ遠くから来てくださるのです
 
こう言ってはなんですが 
よくぞ見つけてくれたなぁ と ビックリしちゃいます


先日、70代の脱毛症のお客様が来て下さいました。
その方は 友人のお母様です


その時思ったんですよねぇ。
ご年配の方はインターネット使わないしなぁ 
でも 必要としている方 お店のすぐ近くにもいらっしゃるだろうし・・・
どうやってお伝えしよう??? ・・・ これで悩んじゃうんです


どちらにしても 目印になるようなものは付けようと思っていますが
もう一度 よぉーーーーく考えます

| 日々の出来事 | 22:47 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スタイルチェンジ

5月に入って 世田谷区にお住まいのK様が ウィッグのスタイルチェンジにいらしてくれました。
今回で3度目のご来店です
前回は 今まで着けていたウィッグと同じようなスタイルにカットさせてもらいました。
一緒にいらしたお友達にも好評で
「いつもの○○ちゃんになったよぉ」と喜んでいただきました

今回は長さもカットして軽めにしたい とのことだったので
ヘアカタログを見ながら ボブベースのスタイルをチョイス!
春夏バージョンにイメージチェンジです

肩より長かったレイヤースタイルから
動きのあるやや前下がりのボブスタイルに。

うーーーん バッチリ いい感じです


ヘアカタログを見ながら
K様 「私 ショートも好きなんですよねぇ
    以前ショートのウィッグ着けてみたら 結構似合ってたんですよ

菅 「あぁ 似合いそうですねっ! 次回ショートいきますか

K様 「そうねぇ 今日もっと切っちゃおうかしら

菅 「いやいやいやいや もったいないから 次回にしましょう

K様 「そうよねぇ


これからお友達とお食事に行かれるとのこと
楽しんできて下さいね

またいつでもお越しください! お待ちしています

| お客様 | 18:47 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

只今看板製作中! のはずだったのですが・・・。

お店は 最寄の駅 (鶴見線・国道駅) から徒歩2分と近いのですが
今まで 「看板」らしきものを付けていなかったので、いらしてくださるお客様が必ず迷われるのです
そりゃそうですよね ・・・・・・・・・・・・・ 申ーーーし訳ございません

みなさん携帯電話をお持ちなので、すぐお迎えに行くのですが
いくらなんでも このままではいかんっ! ということで
只今看板製作中です!!

今や 名刺でもDMでも データーさえあれば
インクジェットであっという間に出力できてしまうんですよねぇ


データーさえあれば ねぇ


そのデーターを いったい誰が作るんだって話です


本当は先月の中旬頃には出来てる予定だったのですが・・・
私があまりにも漠然としたイメージを伝えたもので・・・
具体的にこんな感じで っていう写真とか 何か資料があれば良かったんでしょうが
それを探し出す集中力がありませんでした

結局 それを伝えるために とうとう自分で作る羽目に・・・
慣れないもので これだけやるのに えらい時間がかかり
多分出来るのは 5月の半ばです

通りからも見えるように 大きめの看板です
こんな感じ↓
看板データ


ちなみに その 「漠然としたイメージ」 っていうのは・・・

イタリアの田舎にあるような看板で 
色はフランスっぽい明るめのオリーブグリーン


これでお願いしますっ!
って 文字が思いっきり日本語なんだからそりゃ無理ですよね




・・・・・・5月7日 追記

うーーーーーん やっぱりこれでは いけない????
看板発注ペンディングしました


デザインがどうとかいう問題ではなく、「医療用かつら」の文字書かない方が
・・・・・・お客様にとってはいいですもんね・・・・・・・・たぶん・・・・・・・・きっと 

もう一度 考えることにします
あぁーーーいつも この繰り返しです 

| 日々の出来事 | 01:39 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

私たちの仕事は「再現美容師」

「再現美容師」という言葉は、まだあまり聞きなれない言葉だと思います。
抗がん剤治療による脱毛や脱毛症などの疾患により、髪に悩みを持つ方のために
「医療用のかつら」をお作りするのが私たちの仕事です。


長年サロンで美容師をしていましたが
私自身数年前にがんの告知を受け外科的手術を受けました。  
幸い初期の段階で見つけて頂いたので、私の場合は簡単な手術ですみましたが
今も年に一度定期検診に行っています。

正直なところ自分が「がん」であると言われたとき、頭の中は真っ白でした。
しばらくの間は病気について調べる気力さえ出ませんでした。 
とても怖かったんだと思います。

手術の日が決まってからは、やっと開き直ることが出来ましたが
手術を受けた県立がんセンター婦人科の待合室は
驚くほどたくさんの患者さんでいっぱいです。

とてもお若い方も多く、その中には帽子を被っていらっしゃる方や
かつらを着けている方もいらっしゃいます。 
仕事柄どうしても目がいってしまうんですね。

そんな時ふと思ってしまうこと・・・
「もっと自然に見える かつら はないものか・・・?」
これが今の仕事をしようと思ったきっかけです。


医学の進歩でがんに対する治療法も随分多様化してきましたが
抗がん剤治療を受ける患者さんの数は年々増えているのが現状です。

薬の組み合わせにもよりますが、治療期間中の脱毛は
女性にとって、かなりの精神的ダメージになってしまいます。
女性にとって髪は、とても とても大切なものだから。

私たち美容師にできることは、「髪のケア」。
少しでも患者さんたちの不安を取り除くお手伝いができればと
2008年11月 
横浜の鶴見に「医療用かつら」を専門に扱う美容室 コンフェッティをつくりました。

抗ガン剤治療を始める前の 事前カットからウィッグ相談
ウィッグの制作 ・自毛デビューに至るまでの様々な髪の悩みに対応しています。

どんな時でも自分らしく・いつもの自分でいられるように
少しでもお役に立てればと思っています。

ウィッグメーカーや一般の美容室ではなかなか相談出来なかった事でも
どうぞ安心して私たちにご相談ください。
治療期間中または治療終了後も
私たちは患者さんたちのサポーターであり続けたいと思っています。



| はじめに | 11:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |