2010年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ウィッグのスタイルチェンジ♪

今日の寒さは本気でしたね! 12月下旬の気温だったようですね。
勘弁して欲しいですね。。。
 
いまだ夏毛状態の我が家のビーちゃん
散歩に出たものの・・・あまりの寒さに自ら方向転換して家に戻ってきたようです。
それも早足で・・・。 うん! なかなか賢い犬です(^_^;)


夏に初めてのウィッグをお作りになったTさま。
またまた今回、写真掲載に協力してくれました!
 
実は、山崎&菅谷のO型二人。
こう見えて、普段なかなか言い出せないんです
「お写真撮らせてもらっていいですか?」 って。

だからとっても有難いのです。Tさま、ほんとにありがとうございます

夏の時は結婚式を控えていたので、セットでアレンジが効くようにと
このくらいのボブスタイルに留めておきました。
DSCN2158.jpg
(オリジナルウィッグ人毛100%  カラー:ナチュラルブラック) 

無事にお式も終わったので
本来のご希望だった マッシュルームボブ にスタイルチェンジです♪
全体的に毛量も減らし、人毛のクセを生かして、より自然な感じになりました
この長さなら、もう1回くらいカットできますからね 今度はショートボブかな♪
P1030131.jpg


今回は、超~~~優しいご主人は一緒じゃなかったんですが、
結婚式の写真をたくさん見せていただきました。
なんかねぇ~ お二人とも和装がとってもお似合いになっててビックリ!

神前式はやっぱりいいですねぇ~。 
重みがあって、写真見てるだけでも神聖な気持ちになります。

Tさまのお着物はご主人が選んでくれたんだって
黒地に明るめのグリーンが効いてて、クラッシックモダンな感じ。
良かったですよぉ~~~。 あたしも着てみたいなぁ~~~。 ・・・無理かぁ~?

披露宴の時はドレスにお召変えしますわねぇ

Tさま「このピンクのドレス、彼が作ってくれたんですよ~
菅谷 「・・・ん? ・・・うっそぉぉぉ~~~~~

って
ドレスが縫えちゃうこちらのご主人、いったい何者なんでしょうかっ???
とうとう 羨ましいを超えましたね!  すばらしい~

Tさま「たくさん写真撮ってもらったんですけど、ほとんど目つぶってるんですよね~」
   「なんでだろ~? いっつもなんですよ~」
菅谷 「あっ ほんとだ(笑) なんでだろうね? シャッターに同調しちゃうのかなぁ?」


でもさぁ それってわかる!


だって あたしもだもん
P1030123.jpg

| お客様たちのスナップ写真 | 00:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

微妙なバランス。

なんだか急に涼しく・・・というか 寒っ! ってなってきましたね!
相方山崎は、冷えのせいか 坐骨神経痛 が悪化し、昨日は整体に行ったようです(>_<)
「随分楽になりましたよ~♪」て言ってたかと思ったら
「今日はまた坐骨が痛いです~~~」とメールがきました(';')
もっと 何かこう~~~ 夢のある 楽しい♪ メール交換はできないもんかと思う今日この頃であります。

そんな事を言いつつも 
ブログにまでこんなことを書いている自分が情けない。。。
わたしは・・・ 歯茎にきています_(_^_)_

なんてこったです。。。 ご飯よりも好きなパンすらまともに噛む事ができず
フガ・・フガ・・フガ・・ って・・・ かなりバアさんになった気分です。。。

虫歯で歯が痛いのか? それとも とうとう歯周病とか歯槽膿漏とかになっちゃったの?・・・
あぁ~ この夏の冷房のせいかっ!  と日々思いながら
まぁ~ いつまでもフガフガしている訳にもいかないので色々やってみました。

歯医者さんが勧める超音波歯ブラシ ソニッケア に始まり
1,000円以上する歯磨き粉とか、歯茎に塗るやつとか試したりして・・・
それでもね ・・・なんでなの っていうくらい まったく効果なし。

このままフガフガが治らんのかっっっ    と思っていたら あなたっ!
なんの事はない  原因は 睡眠中の 歯ぎしり でした!
歯ぎしりって相当歯茎に負担がかかってるんですね~。

マウスピースを歯医者さんで作ってもらい
こんなもんハメて眠れるのか? と思いつつ結構平気だったりして
朝になったら フツーーーーーーにパンを食べられました

うっそみたい!

そう言えばね ここ数ヶ月 朝起きると、リウマチでもないのに手の関節も全部痛かったの。
ひどい時は踵まで痛かった。。。
朝起きると、からだヨレヨレなんですからやんなっちゃいます。
 
歯ぎしりしながら手はグー になってたのかな?
いったい 寝ながら 何頑張ってたんだろ?

でもね そんなのも マウスピースひとつで、ぜーんぶ治ってしまいましたよ♪

勇気を出して作って良かったです~

型を取る為とはいえ
口の中にあのゴムみたいのがいっぱいになってくると溺れそうになるんですよね
3回か4回取ったのかな?

この歳になってくると、だんだんイヤなものはイヤと言えるようになってきまして
1回目のゴムで溺れかけたので、2回目は椅子を起こしてもらいました。
も~~~ ドキドキするんだもん。。。 あんなの得意な人いないと思うけど・・・。

せ・・・先生! 別に心臓悪くないけど、ドキドキします~」
そんな事を平気で言えるようになった自分にもビックリですよ!
完全にオバちゃん化してきましたね(^-^)


それにしても ほんとに身体って不思議。 
健康は、からだ全体の微妙なバランスの上に成り立っている!
とかく痛みの有るところが気になるけど、実は全然違うところに原因があったりするんだもん。

そんなのってさ・・・ なかなか・・・・ わかんないよね~~~



コンフェッティの医療用ウィッグ ・・・ 詳しくはホームページで → http://confetti-style.com/

| ひとりごと | 21:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「自毛デビュー」での想い。

ご無沙汰でございます。。。山崎です。
やっと爽やかな陽気になりましたね


まだ 暑い夏真っ盛りの頃。。。
お久しぶりにS様からご連絡をいただきました

治療を終え 自毛が ずいぶん伸びてきた との事。。。
「4~5cmくらい伸びてきたんですけど… くるくるでパンチパーマヘアみたいなんです」と S様。

「…やっぱり… くるくるになっちゃいましたか…」
そうなると やはり 縮毛矯正が必要になります。

耳周りや襟あしなど 少し切って整えてさしあげたい気持ちをぐっとこらえ…
もう 2~3cm伸びるまで頑張って貰う事になりました。
縮毛矯正はアイロン施術するため、ある程度の長さがないと髪が挟めないのです


そして 先日。。。
「もう ずいぶん伸びました 8cmくらいはあると思います」と ご連絡をいただき
ご来店になりました。


わぁー すっかりショートスタイルまで伸びてる

でも やはり大変そう
(縮毛矯正の薬剤つけた後に 写真撮っちゃいました
t02200391_0480085410804562759.jpg


例によって・・・髪のクセの強弱やスタイルを考え
薬剤やトリートメントの配分・アイロンの温度などをじっくり見極め・・・
t02200391_0480085410804573433.jpg
襟足の部分は少しカットしました


黙々とカットをしていたつもりなのですが・・・
S様が 「山崎さんがすごくうれしそうに切ってくれるので、私もうれしいです」と・・・

そうですか・・・ やっぱり 顔にでちゃってましたか・・・


S様は 去年の11月に初めてご来店頂いて、ウイッグを着ける前の自毛もカットしています。
その時の事を思ったら、ほんとにうれしいんですよ
ウイッグを着ける前の自毛のカットとは、やはり気持ちが違います。


「長い髪にハサミを入れる時・・・涙が出そうになる・・・」と 菅谷Sは言います。
・・・いつまでも慣れる事ができませんね。


そして
「この病気になって、今まで気付かなかった事にたくさん気付く事ができました。
 自分の周りにいてくれる人達に、つくづく支えられて生きてるんだと・・・」S様。

そうなんですね・・・
当たり前だと思っていた事さえ、 実は とても感謝すべき事なんだと・・・。


秋の夜長 。。。。物思いにふける山崎でした



コンフェッティの医療用ウィッグ ・・・ 詳しくはホームページで → http://confetti-style.com/

| 自毛デビューについて | 21:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

かつらの生え際。

昨日お越しくださったF様は3台目のウィッグ。
3台共カットさせて頂いてるんですが、今回のは私にとって初めてのタイプ
薄~いレースタイプのウィッグで、テープを使って生え際にピタッと貼ってしまうもの。

自髪が有る状態では使えないので、全部髪を剃らなければなりませんが
かなりリアルな感じが出せる、皮膚感覚のウィッグです。
このタイプのウィッグは、前髪を作らなくても生え際を全部出すことができます。

通常の医療用ウィッグでも同じですが
ウィッグをより自然な感じに見せる為には、細部の作り方 もポイントになってきます。


細部ってこんなところです 風が吹いた時なんかに 思わず押さえたくなる 生え際!
何もしないと ちょっと不自然に見えてしまいますね。。。
かつらの生え際
 (使用ウィッグ: オリジナルのミックス毛) 

そこで 産毛おくれ毛 をダブルで作ります
これだけでも随分自然な感じに見えませんか? 
かつらの生え際 産毛&おくれ毛

産毛&おくれ毛を作ると
サイドの毛量が減るので、前から見ても顔周りが少しスッキリします
かつらの生え際 産毛&おくれ毛2

どうだろう   これなら ・・・ 風が吹いても・・・
かつらの生え際 産毛&おくれ毛3

大丈夫じゃないですか?
かつらの生え際 産毛&おくれ毛4

コメント: 足でドライヤーを挟み・・・ なんとか写真撮ってみましたが・・・
      結構大変でしたっ



コンフェッティの医療用ウィッグ ・・・最新情報はこちらの記事をご覧ください。
 「オリジナルウィッグについて」 

| かつらの似合わせ方 | 15:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

人毛100%かミックス毛か?・・・医療用ウィッグの選び方。

久々に あゆちゃん 登場です

こちらはオリジナルウィッグの ミックス毛 で作ったボブスタイル。
今日いらしてくださったS様のためのウィッグです。
医療用ウィッグ ミックス毛 ボブスタイル
(オリジナルウィッグ ミックス毛  カラー:ナチュラルブラウン) 

ま~るい感じを出す為に、毛先を少し軽くして、アイロンでカールをつけてみました
医療用ウィッグ ミックス毛 ボブスタイル2
              


ここでちょっと、ウィッグ選びのワンポイントアドバイス

抗がん剤治療による脱毛で、医療用ウィッグの購入をお考えの方は
初めての事で、何を基準にかつらを選べばいいのか分からない事が多いと思います。
価格なども実に様々ですしね

今日はひとつだけ
人毛100%とミックス毛って、どっちがいいの っていう疑問。

もちろん、それぞれにメリット・デメリットはあります。
見た目の自然さや手触り感、手入れのしやすさや持ち・価格などなど
どこに重点を置くかによっても選び方は変わってくると思います。

・・・が

よぉ~~~く 今までの日々の生活を振り返ってみてください!
ご自分の髪のお手入れ・・・どのくらいしてましたか?
または・・・どのくらいできますか?

これって とっても大事なんです!
ウィッグを着けて、凹むか楽しめるかの分かれ目になりますからね。

人毛100%は、見た目や手触りは良いけど、どうしてもボリュームやクセが出やすい。
よって・・・
キレイを保ちたい場合、ドライヤー・ブラシ・アイロンが必需品になります。
特にロングを希望される方は覚悟してくださいね
逆にお手入れが出来ます!やってみます! という方にとっては
360度自分の好きなようにセットできますからとっても楽しくなるはずです。


お手入れは無理 ・・・たぶん無理!
そう思われた方は、是非 ミックス毛 をお選びください!
何もしなくても、ある程度は形になってしまいます。
いざとなったら乾きも早いので、自然乾燥という手もありますからね

比べてみるとお手入れは断然ミックス毛のほうが楽なのですが、毎日使っていくと
人工毛の毛先部分が2ヶ月目くらいから少しづつチリついてきます。
耐熱毛を使用したミックス毛の場合ならアイロンを使って修正が可能ですが
絡み易くなる前に、少しづつ毛先をカットしていったほうが良いと思います。


それと静電気に弱い。。。これはミックス毛に限らず人毛100%も同じです。
冬場の静電気夏場の汗 はウィッグの大敵
この2点だけは日頃のお手入れと対策が必要になります。


その他の比較
・ミックス毛は人毛に比べると軽い。
・手触りの良さは人毛の勝ち。
・見た目の自然さは、今やどっちもどっちのレベル。
・価格は、(当店では)ミックス毛のほうがかなりお安い。


以上 「ウィッグの髪質選び」の参考にしていただければと思います

ではまた



コンフェッティの医療用ウィッグ ・・・ 詳しくはホームページで → http://confetti-style.com/

| 医療用ウィッグの選び方 | 01:09 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ウィッグカットのジレンマ。

先月
兵庫県の芦屋市からお越しくださったY様。
お問い合わせのメールを頂いた時・・・
<おぉ~~~ 芦屋市ならば、ご希望は明るめカラーの巻髪に違いない!> と思い込んだわたし。

ご予約の前の日に、何故かルンルンしながら
コンフェッティで一番明るい色のウィッグの毛量調整を済ませ
アイロンでクルクル。 可愛いロングの巻髪スタイルを作っておきました
もちろん 最小限のベースカットをしただけですけどね!
なんか 作ってみたいじゃないですか! クルクルと可愛いく

当日、あゆちゃんにウィッグを着けて準備をしていると
前日から東京入りしていた というY様がご来店。
(みなさん ほんとに遥々ありがとうございますm(__)m)


「こんにちは~」 と明るくお店に入ってきてくださったY様は・・・。
なんと! 私の思い込みとは裏腹に、巻髪ではなく ショートスタイルでしたっ あはっ。

「あぁ~~ ご期待に添えなくて・・・でも姉は巻髪ですよ~」って

いやいやこれは
ファッション誌にすり込まれた・・・単なる私の妄想ですから
勝手な思い込みはいけませんね! ちょっと楽しかったけど


以前のお写真を見せていただいて、なるべく同じ感じになるよう
クルクルはバッサリとカットしました!

そうそう そこでウィッグカットのジレンマが登場するんです。
特にショートスタイルの場合
どうしても私たち、ご希望の長さより若干長めにカットしていきます。
あと3cm 短かくしたほうがご希望の長さ・・・ 十分分かってはいるのです。。。

でもね 
先の事を考えてしまうと、この3cmが切れないんですよ
半年~1年くらいお使いになると、毛先がパサついてくる可能性もあるし
スタイルに飽きちゃって気分を変えたくなるかもしれない。

切っても伸びてくるウィッグなら いくらでも切っちゃうんですがねぇ~~~。
この大事な3㎝。 なんとかみなさんにもご理解してもらっていますが
何を優先するかによって、切ってしまったほうがいいのか、残すべきか・・・
いつも感じるジレンマです。。。


こちらの写真は、川崎にお住まいのS様のためのウィッグ。
カット途中のグラボブ
まだカットの途中なんですが
一度やってみたかった という、やや長めのグラボブにカットしてます。
このくらいの長さからでも、結構スタイル変えられるんですよ!

・・・実はすでに この5日後 マッシュルームボブに変えました 早っ!
S様はお近くなので、いつでも来ていただけるので良かったんですけど。

Y様も東京方面にお越しの際は、是非またいらしてくださいね!
その後がとっても気になる菅谷でした。。。



コンフェッティの医療用ウィッグ ・・・ 詳しくはホームページで → http://confetti-style.com/

| お客様 | 01:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

オリジナルウィッグ人毛100%についてのお知らせ。

前回書こうと思っていたブログテーマ 「ウィッグカットのジレンマ」
タイトルだけが置き去りになったまま、あっという間に日にちが過ぎてしまいました

早いですね! すっかり秋になりましたね
みなさん体調など崩していませんか?
この時期、以外に身体が冷えますから、くれぐれも気を付けてくださいね!

わたしは腹巻こそ まだしていませんが、レッグウォーマーは履きだしましたよ~。
足首の少し上あたりに三陰交とういうツボがあります。
冷え症の改善や更年期の症状なんかにも効果がある、女性にとっては有難いツボ。
そこを温めるだけでも足先がポカポカしてきますから冷え症の方は是非お試しあれ!

わたくし随分と ツボの本 を持ってるんですが
一番のおススメはこちらですかね  とっても分かりやすいので、よく活用してます

体のツボの大地図帖

1冊持ってると結構役に立つので
興味のある方はこちらで購入できますよ!  新装版になったみたい



はっ!・・・・・ なんか・・・ また・・・ 話がそれてきました。
今日は大事なお知らせがあります。

オリジナルウィッグの人毛100%が、只今すべて在庫切れになってしまいました。
次回入荷予定が16日(土)・23日(土)となっております。
ご迷惑をお掛けしてしまいますが、入荷までしばらくお待ちくださいませ
m(__)m

また、お急ぎの場合などはなるべく早めにご予約を入れて頂けますと
お取り置きすることができますのでお申し付けください。




秋になって
自毛のカットやウィッグのスタイルチェンジをする方も増えてきました。
少しカットするだけでも気分が変わっていいかもしれません!

今日いらしたYさまも
「あぁ~~~ スッキリした~~~」とおっしゃってましたが
実はね 日々ほんとにいろんな事があるんですよぉ~
泣いたり笑ったり

Yさまなんて、いつもブログネタの宝庫なんですけどね
面白すぎて書けないんです
読んでる方にイエローカードからレッドカード出されちゃうかもしれないんで。


か・・・ 書きたいけど ・・・・ 書けない。。。
これまた ジレンマ であります



コンフェッティの医療用ウィッグ ・・・ 詳しくはホームページで → http://confetti-style.com/

| お知らせ | 22:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |