PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

自分らしく・・・ウィッグデビュー。


先日、抗がん剤治療を始めたばかりのお客様からこのようなご相談を受けました。

週に1回行かれている体操教室。
お友達がたくさんいらっしゃるそうです。
治療中も、体調が悪くない限りは参加したい と。

治療期間中、お家に引きこもってしまう方も多いようですから
お身体に無理がないようであれば、それはとてもいい事だと思いました

脱毛が始まるのは、薬の種類にもよりますが
だいたい治療を受け始めて、10日~2週間後ぐらいからです。

そこで

「今はまだ脱毛していないけれど、次の体操教室
 自髪があるうちにウィッグをつけて行ったほうがいいのかしら?」


お客様が一番心配されていたのは、「ご自身の気持ちの不安」 ということよりも
まわりのお友達が受けてしまうショックの方が心配だとおっしゃるのです。

・・・なるほどぉ~ そこまで考える方はなかなかいないです びっくりしました!

初めにお問い合わせのをくださったのは、その方の息子さんです。
「母にはいつも元気でいてもらわないと困るから、ウィッグも納得のいくものにしたい」と。
きっとご家族の中でも、お友達の中でも 太陽 のような存在なんでしょうね!


いろいろとお話をしながら想像を巡らし・・・
結果 ウィッグを着けて行きましょう ということになりました。
きっとそのほうが、お友達もお客様自身も「気持ち的に楽」だろうと。


逆に、仲のいいお友達に聞いてみて下さい! とお伝えしました。
まだ髪はあるんだけど、このウィッグどうかしら? って。
脱毛してからだと、お互いになかなか言えないですもんね。


ウィッグ人毛100%で、お客様のイメージを崩さないようにお作りしました

今までと同じスタイルにすることも可能だったのですが、
ショートスタイルだったので、先々のことを考えて、毛先がカットできるように
少しだけ長めに仕上げました


S様 「あたし 体力あるのよぉ~」 とおしゃってましたが・・・
くれぐれも 「体操教室」 張り切り過ぎないようにしてくださいね!

| お客様 | 01:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://confetti2008.blog67.fc2.com/tb.php/110-4654dcad

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT