PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

懐かしいぞぉ~~~♪

全然ウィッグの話とは関係ないんですけどね。

さっきNHK見てたら、ボーダーシャツ着たマロンちゃんが出てました♪
「キッチンが走る」って番組。

あらぁ~~~ マロンちゃん! ゴールデンタイムに番組持ったのねぇ~
なぁんて思いながら見てたんですけど・・・。


こちらのマロンちゃん・・・その昔、我が家にお泊りしたことがあるんです

えぇ~~~ なんでぇ~~~ でしょ! (笑)

どうゆう経緯だったかは、例によって忘れっちゃったんですけど
14・5年くらい前になるのかなぁ?  もっと前かっ? ・・・ 随分若かりし頃です。

その頃住んでいた家というのが、なかなか面白い家でして
築40年という かなり年季の入った山手の洋館

聞こえはいいでしょ~? 山手の洋館って。
居間には、古~いシャンデリアがふたつと、漆喰の壁に乱貼りの石で作られた暖炉。
その暖炉の両脇には作りつけの本棚があって、本棚の上には観音開きの小さな小窓がふたつ。
窓枠や、家の中の木部はすべて飴色になっていて・・・木漏れ陽の中にいるような
それはそれは雰囲気のある気持ちのいい家でした。

「クロワッサン」 や 「アンアン」なんかにも載っちゃったりしてね。

ダンナと一緒に夜な夜なペンキ塗ったキッチンが・・・
誌面上では パリのアパルトマン ってことになってたのにはビックリ!
そう言われれば見えなくもないなと、かなりご満悦になったのを覚えています。


そんな我が家に、
先日妙なコメントを入れてくれた祐子さんとマロンちゃんたちが遊びに来たのです。
マロンちゃんはフードコーディネーターですからね
床が白黒市松 パリのアパルトマン風 キッチンを見た途端
 
「イヤ~~~ ステキ~~~~ マロン ここで何か作りたい~~~
と、あの顔に似合わない低い声で叫んでいるではありませんか

何か作りたいって言ったってあなたっ! 突然過ぎて何にも材料ないし
冷蔵庫の中眺めながら こりゃあ 困った 
しかし その横でマロンちゃんはかなり盛り上がっている


そこでうちのダンナ
「あっ! そういえば・・・裏の空き地にフキが生えてる!」

「うっそ~~~ どこどこぉ」とはしゃぐマロンちゃん。

マジで? フキ採ってくるってかっ? と口あんぐりのあたし。
そして祐子さんは爆笑してるし

食糧採取のため、ダンナとマロンちゃんは裏庭のフェンスをよじ登り
うっそうとしている空き地にゴソゴソと入っていきました。

「すご~~~い! いっぱい生えてるよ~~~」と、次々とフキを採るマロンちゃん。
「あっ! キクラゲみたいのもある~~~」と、遠くで叫んでいる。


それは止めてくれ! キクラゲじゃなくて・・・キクラゲみたいなものなんだから
都会育ちのわたしには、食べられるものなのか食べられないものなのかの判断はつかん!


たんまりとフキを抱えて戻ってきたルンルンのマロンちゃん。
そのあとは・・・さすがプロである!
ものっすごい勢いで、山のようなフキを煮たり炒めたり・・・
冷蔵庫の残りものでパスタまで作ってくれました お見事であります


みんなでたらふく食べて飲んで、とっても楽しいひとときを過ごしました。
他のみんなは帰ったのかもしれないけど、酔っ払いのマロンちゃんはもれなくお泊まり。


その家には畳の部屋も客間もなく、ましてやお客様用の布団すらありませんでした。
でも 風邪引いちゃいけないからね!

しょうがないので・・・
その夜マロンちゃんは、うちのカルちゃんと一緒に
「犬って温っかいんだねぇ~」とムニャムニャ言いながら 寝袋 で寝たのでした


カルちゃんのぬくもりが忘れられなかったマロンちゃんは
その後 猫ちゃんを飼い、ハマったらしいです(笑)

| ひとりごと | 00:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://confetti2008.blog67.fc2.com/tb.php/314-654b6827

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT