PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

かつらの似合わせ方・・・アイロン編。

毛量が多いウィッグ(耐熱ミックス毛) や クセの強い人毛ウィッグ の場合
アイロン を使ってボリュームを抑えてみましょう

画像をクリックすると拡大します。



①シャンプーをします。  ②ドライヤーのみの状態。 ③アイロンを使用した状態。  
セット


ドライヤーをかける場合は 風を上から下に 当てながら、全体を完全に乾かしてください。 
ドライヤーの角度

アイロンをかけていきます。
温度は150度~170度くらいで。
※ミックス毛(人毛+人工毛)の場合、耐熱毛以外はアイロンを使用することはできません。
 よく分からない時は必ず 
 ウィッグを購入したお店 またはメーカーに問い合わせてからご使用下さいね!


さあ!気分はヘアスタイリスト 慣れてしまえば簡単にできちゃいますよ

①順序は下から上にかけていきます。
  スライス幅は2~3cm。 ダッカールで他のところをしっかり留めておきます。
  コーム(くし)を使って毛束を整えます。
  軽く毛束を挟んで、アイロンを矢印の方向に動かします。 
  この時、あまり強く引っ張らないように注意して下さい。
アイロン1

②1段目が終わったら2段目を分け取り、同じようにかけていきます。
  毛先が少し内側に入るようにアイロンを抜いてみましょう。
アイロン2


③上の段に行くにしたがって、アイロンを抜く角度を上げていきます。
  ハチのあたりは一番ボリュームを抑えたい部分なので
  スライス幅を1.5cmくらいにしてみて下さい。
  右側 アイロン終了です!  随分ボリュームダウンしたのが分かりますか?
アイロン3


慣れてきたらアイロンの抜き方を変えて、カールスタイルにも挑戦してみてください。

ウィッグをブローしたり、アイロンをかける時にはセットスタンドがあると便利です。
ウィッグ用セットスタンド  クリックで拡大します。
セットスタンド 

定価:¥5,500(税別)



| アイロンの使い方 | 00:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://confetti2008.blog67.fc2.com/tb.php/91-9dd78e19

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT